長期留学費用の準備・節約方法

MENU

留学で必要な費用の概要

長期留学をしようと決めたら、まず気になるのは費用のことではないでしょうか。

 

長期ともなると、例え物価が安めな国を選んだとしても、
それなりにまとまった費用が必要になります。

 

その為、費用を節約したいというかたは、
留学を決めた瞬間から費用の準備や節約に向けて行動を起こさなければなりません。
 

 

ここでは、留学ではどういった費用が必要になるのか、その概要をご紹介しましょう。

 

 

・学費+滞在費

 

どんな形の留学であっても、学費と滞在費は必ず必要です。
滞在費とは、家賃や食費などを含めた生活費のことです。

 

大学正規留学などで行きたい大学が決まっている場合は、
学費や家賃の節約は難しいのですが、食費は抑えることができるはずです。
語学留学などになると、学費面から節約を考えることができます。

 

 

・娯楽費+その他雑費

 

長期留学となると、さすがに現地で勉強だけするというわけにはいかないでしょう。
たまには友人とのお出かけや、旅行も必要になるはずです。
そういうことへの費用が娯楽費になります。
全くそういった遊びをしなければ確かに節約にはなりますが、
それはあまりおすすめできることではありません。
折角留学をするのですから、現地の生活を楽しまなければもったいないです。

 

その他雑費に含まれるものは色々と考えられますが、
何かしら生活する上で購入するもので、食費以外の全てを含んでしまって良いでしょう。

 

 

・渡航費(ビザ代を含む)

 

渡航費とは、その国に行くためのお金のことです。つまり、航空券代です。
これはうまくやれば、比較的節約しやすい部分ではあります。

 

ビザ代については、長期留学の場合学生ビザか若しくは国や年齢によっては、
ワーキングホリデービザを取得することになるでしょう。
ここは節約が不可能な部分です。

 

 

・海外旅行保険

 

長期で留学をする場合は、
クレジットカード付帯の海外旅行保険を使用することはできません。
ですから、留学用の海外旅行保険に加入する必要があります。
必要な補償内容を抑えながら、節約出来る箇所でもあります。

 

 

・まとめ

 

留学のときに必要な基本的な費用は上記のとおりです。
どれもうまくやれば費用を節約出来る項目ですから、
留学費用節約を目指しましょう。
別の項目では、それぞれについてどうやって節約をするかを詳細にご説明します。
節約に成功すれば、年間数十万程度は費用削減ができるでしょう。

 

また、節約だけではなく、費用を準備するということも重要です。
費用の準備の仕方についても、別項目で説明していきましょう。
余裕をもって資金を準備して、「節約する」と言えど、
ちゃんと生活が楽しめるような留学にしましょう。

留学費用の貯め方

長期の留学をしようと決めてから、実際に行動に移すまで、
短くても半年は期間があるのではないかと思います。
 
その半年間でも、留学費用を貯めることはできますから
費用に不安がある方は、貯金を頑張りましょう。

 

また、費用がギリギリの場合は、留学する時期を少しずらすということも視野に入れましょう。
ここでは、留学費用を貯める為に誰でも出来る方法をご紹介していきます。

 

 

・副業でアルバイトをする

 

今やっている仕事が定時や短時間の残業しか発生せず、
且つ土日がお休みの方で、比較的体力のある方におすすめの方法です。
実際に自費で留学している人の中には、
日本で仕事を掛け持ちして働いていたという方は少なくありません。

 

やはりオーソドックスなのは、居酒屋、バーやカラオケ店などの飲食サービス業です。
こういった職場では、夜働ける方、金曜土曜に働ける方を求めていますから、
週に3日週末を中心に働くと、あまり体に負担がないでしょう。

 

因みに日曜は自分のための休日として空けておくことをおすすめします。
休暇も大事です。

 

夜のコールセンターなども稀にあります。
体の負担はそういった座って出来る仕事の方が断然少ないですから、
見つけることが出来ればラッキーです。

 

 

・インターネットで稼ぐ

 

これも金額によっては「副業」と言えるかもしれません。
インターネット上には、さまざまなおこづかいを稼げるサイトがあります。
一番効率よく、且つスキルがなくても稼げるのは
クラウドソーシングのサイトの「タスク」と呼ばれる仕事でしょう。
これは、募集されているテーマについて決められた文字数で文章を書くと、
提示されている金額が貰えるというものです。
日本のクラウドソーシングサイトは、
「Lancers」と「クラウドワークス」というサイトが2大トップになっていますが、
タスクと呼ばれるお仕事はどちらにも沢山あります。
時間に余裕があるのなら、両方に登録して、
自分が文章を書けそうなものを片っ端からやっていくといいでしょう。

 

専業主婦の方なんかだと、このタスクだけで月10万近く稼いでいる方もいますが、
仕事をしている方でも、毎日コツコツやれば2,3万は簡単に稼げます。
頑張れば5万円も難しくありません。
タスクは単価が安いのですが、稀に単価が高めのものもありますから、
そういったものを見逃さないようにしましょう。

 

5万円稼げたら留学が半年先だとしても、
5万×6ヶ月で30万ですから、相当な留学費用増になりますよね。

 

因みにこのサービスはインターネット上のサービスですから、
留学後にも使用することができます。
学生ビザで就労ができない国に行く場合でも、
これは日本円を日本企業から日本の銀行口座に振込があるものですから、
不法就労には当たりません。

 

文章を書くことが苦手ではない方なら、
普通のアルバイトよりはこちらが断然おすすめです。
文章を書くのが得意という方なら、
タスクではなくプロジェクト方式というお仕事をした方が、稼ぎやすくなります。

 

 

・積立定期預金を利用する

 

これはお金のため方というよりは、お金を貯めるのが苦手な方の為の方法です。
毎月自動で一定額を積み立てていく預金で、
普通の預金口座から自動的に積立口座の方にお金が移されるので、
何もしなくても、お金が貯まって行きます。
給料が入る銀行口座で積立ていくといいでしょう。

更新履歴